​京めぐって「どんな教会」?

 私たちは日本同盟基督教団というプロテスタント教会に属しています。1987年、同教団の開拓教会として京都の地に誕生しました。
 聖書はすべて神のことばと信じ、毎週礼拝をささげる教会です。

 キリスト教に興味のある方、聖書を読みたい、学びたいという方、ただなんとなく来てみたい方、どなたでも歓迎します。

 お気軽にご来会ください。

教師紹介
主任牧師 加藤秀典

主任牧師 加藤 秀典(かとう ひでのり)

 

◆これまでの歩み


 奈良県出身。母の信仰によって幼い頃より教会に通う。高校一年で洗礼(バプテスマ)を受ける。その後社会人経験を経て神学校へ。神学校卒業後、新卒で京都めぐみ教会に教会教師(牧師)として赴任。現在に至る。

◆教会に行ったきっかけは?


 私は、「かたクリ子」として育ちました(かたクリ子:片親がクリスチャンの子ども)。教会へも、信仰を持つ母により幼い頃から通っていました。
 主体的に教会に行くようになったのは中学生の頃です。私にとって教会は居場所でした。同世代の仲間、またそれを優しく見守ってくれる大人たち。教会の人間関係は私の人格形成に大きく影響しています。

 

教  師 李 賢娥(い ひょな)

◆これまでの歩み 


 韓国ソウル出身。中学生の頃、イエス様を救い主として信じ、クリスチャンになる。仕事の傍ら賛美宣教団に入団。賛美宣教ツアーで来日し、日本宣教の思いをいだく。その後、日本の神学校で学び、教会の伝道師として一年間奉仕。2012年加藤秀典師と結婚、京都めぐみ教会の教師に就任。

◆教会に行ったきっかけは? 


 小学生1〜2年生の頃、親しかった友だちに誘われて教会に通い始めました。日曜日の教会学校は、礼拝だけでなく、色々なプログラムや友達もたくさんいて、とても楽しかったです。それから、日本に聖書を学びに来るまでずっと同じ教会で信仰生活を送るようになりました。